生活一覧

まだ本調子に戻らない息子

インフルエンザの薬を飲んで3日。

体温は36度台に下がったものの、タンや咳が止まらない。

鼻もつまって食欲がなく、イライラしている。

インフルエンザだけでなく、普通の風邪もいっしょにもらっているよう。

明日にでももう一度受診しないといけないかな。

かなり辛そうだ。


息子がとうとうインフルエンザ

昨日まで元気だった息子だが、今日の朝はなかなか起きてこられずにいた。

やっとの思いで起きてきたが、「頭が痛い」と訴える。

体温は37度1分。

いつもこのくらいの体温で学校を休むと、すぐに元気になってしまう経験があるので、「がんばって行ってこい」と送り出した。

しかし11時半ころ、小学校からお迎えの電話。

体温が37度8分あり、ずいぶん辛そうとのこと。

帰ってきたときの体温は、38度1分と少しずつ上がってきた。

すぐに休ませ、病院の予約を取った。

午後5時半ころの診察となり、インフルエンザの検査をしたら陽性反応。

とうとうがんばってきたが、ここでかかってしまった。

他の誰かにうつらなければいいのだが。

 


しもやけでできた血豆が破れ大慌て

息子のしもやけはだいぶよくなってきたが、今日しもやけでできた血豆になっていた皮が破れ、本人は大慌て。

「どうしよう、皮が破れて肉が見える」と悲痛な声で訴えててきた。

ちょっと痛そうだが、よく見ると皮膚の下の皮ができあがっているようだ。

それを破れたと大騒ぎしていた。

「治ってくる途中経過だから大丈夫だよ」と、元気づけると、「何だ、そうなんだ」と途端に元気になった。

初めての経験なので、ビックリしたんだろう。

来年はここまでひどくならないように、寒くなる前に対処できればと思う。

まあ、本人の自覚なしではどうしようもないが。


足の大きさ半端ない

昨日息子が、「上履きがキツくなってきた」と言い始めた。

5ヶ月前に買ったのだが、大きくなるのは早いものだ。

しかし、奥さん曰く「えっ!?もうキツいの?その上のサイズはイオンではおいてないよ」。

「サイズいくつ?」と聞くと、息子が「28.5cm」と言う。

「28.5cm?自分より大きいぞ!」と驚いた。

息子の足の大きさ半端ない。


これがベストなしもやけの薬

前回のブログで書いたとおり、息子のしもやけがたいへんなことになっている。

ひどくなる一方で、あまりにかわいそうなので、しもやけの薬を買いに行ったことだった。

それはとあるドラッグストアの「マツキヨ」。

「しもやけの薬はありますか?」と尋ねたら、以前購入したことのある薬を紹介された。

「やっぱりこれしかないですよね」と半信半疑で言ってみると、「ひどいですか?」と聞かれたので、「足の指10本すべてです」と答えた。

それなら皮膚科に行かれた方がいいのでは?と答えると思ったら、「それならこちらの薬がいいと思います。」と返してきた。

その薬の箱には、「痔」という漢字が書かれている。

「え?これでいいんですか?」と聞いてみると、「効能内容からすると、これがベストです」というではないか。

なんと痔の薬がしもやけに効くというなんとも変な感じだが、息子のしもやけは少しずつ回復に向かっている。

なんか変だなぁ!?