生活一覧

これは効く湿布だ

先日腰を痛め、何も処置をせずそのままにしておいたらさらにひどくなった感じがあった。

 

そこで家にある湿布を探してみてもよさそうなものがない。

 

仕方がないので、ドラッグストアで探すことにした。

 

さまざまな湿布剤がある中で、黄金に輝く包装があった。

 

そこには「ボルタレン」という表示。

 

ちょっと聞き慣れない名称だが、テープ式で持続力が24時間と長め、そして速効性があると記載があった。

 

これはいいかもしれないと即購入。

 

その日のうちに貼り、2日間貼り続けた結果、痛みが引き、違和感がなくなった。

 

これは効く湿布だ、とこれまで使用してきた中ではかなり優秀。

 

そのほか息子の太ももの痛みは、なかなかとれなかったが、貼って1日足らずで、痛みがなくなったそうだ。

個人差はあると思うが、これからはこれがいいかもしれない。

 

 


怪奇現象?リモコン操作

今日突然、娘が変なことが起きる!と寄ってきた。

 

何事かと聞いてみると、「照明のリモコンを押すと、テレビの電源が消える」という。

 

実際にやってみると、ほんとに消えたり付いたりする。

 

これは怪奇現象?と娘に言うと、「怖いこと言わないで」とおっかなびっくり。

 

どうやら赤外線が反応してしているようだ。

 

しかし面倒なのが、テレビリモコンのチャンネルを押すと、いちいちテレビの電源が落ちること。

 

これは参ったなぁ。


子供会のプレゼント

昨日子供会があり、娘がプレゼントをもらいに行った。

 

このコロナ禍のこともあり、今年度の子供会は集まりもなく、ある意味静かな活動で終わりそうだ。

 

ということで、分散で来てもらい、みんなで遊ぶことはなく、ただ単にものをもらいに行くとというもの。

 

もらってもお菓子くらいかと思っていたが、かなりの内容。

きっと今年度は集めたお金をどうさばいたらいいのか、ということのほうがたいへんだったかもしれない。

 

もちろん、子どもは大喜びだった。


息子の膝のその後

MRIを撮って診察後、なかなか看てもらう機会がなかった。

 

でもやっと息子の授業が午前中であったため、診察を受けることができた。

 

脚をクネクネと回したり、膝立ちしたりといろいろやってみるも痛みはなかったため、「うん、よくなっているねぇ」という診断。

 

これにより少しずつ軽い運動を始めてもよいという許可が下りた。

 

息子としては日曜日に練習試合があり、何とかこれに出場したいという希望があったが、「試合はまだ早いぞ」という先生の言葉にちょっとガックリ。

 

まあいきなり始めてまた痛みが発症することになれば、これまでの休養がおじゃんになるので、致し方ないだろうね。

 

もうしばらくの辛抱、がんばれ息子。


娘が転んでケガ

今日の朝、娘が元気に学校へ出かけた。

 

その数分後、玄関のドアが開いたと思ったら、「うぇ〜ん」と泣き声が聞こえてきた。

 

どーした?と聞くと、「家を出たところで滑って転んで、前にケガしたところにあたった」と言う。

 

よく見てみると、右膝の辺りにはレギンスの上からだが、血がにじみ、左の膝は少し破れていた。

 

脱がしてみると、結構ひどく、血が出ていた。

 

消毒液で拭き、「キズパワーパッド」を貼り付けてあげた。

 

その頃には泣きも止み、新しいレギンスに履き替えて、再び登校。

 

まだ出勤前だったので、よかった。

 

こんなとき役立つのは絆創膏だけど、「キズパワーパッド」はそのままほっておくだけで,キズを治してくれるので、大変ありがたい。