自力で解熱

発熱して3日目の17日(木)の夜には36度台まで自力で解熱。

18日(金)には登校できるかと思ったが、どうもまだリンパが痛いと辛い顔をしていた。

まあ金曜日まで休めば、その後はシルバーウィークだから、ゆっくりできると言うことで、結局まるまる一週間学校はおやすみ。

これまでは金曜日に発熱、遅くても火曜日には登校でき、1〜2日休むだけで済んだのだが、今回はそうはいかなかった。

早く完治してくれ〜!


3ヶ月ぶりの発熱

今月3週目にリンパが痛いと言いだした娘。

どうやら周期性発熱のようだ。

振り返ってみると7月の上旬に熱を出したので、3ヶ月ぶり。

少しずつ期間の延びているようだ。

このまま消滅して欲しいという願いが強い。


こんな時期だがやっぱりやってくる病気

新型コロナウイルスの影響が気になるこの頃。

先週金曜日に体温が37度に達し、まさかっ!と思ったのだが、人との接触は皆無だし、それはないだろうと思っていた。

それを確認するにはやっぱり扁桃腺の斑点。

よく見るとやっぱりポツポツと2つ発見。

こんな時期だがやっぱりやってくるんだね、この病気。

 

 


娘の体温が39度もしやこれは

先週の土曜日、娘の熱が39度まで上がり、もしやこれは新型コロナウイルスの疑いを持った。

しかし喉の奥を見て見ると、白い斑点が1〜2個見える。

ここ2ヶ月くらい、あの周期性発熱が来ていないので、すっかり忘れていたが、どうやらその病気のようだ。

日曜には38度付近まで下がり、もう一度喉の奥を見ると、やっぱり斑点が増えていた。

もう来ないと思っていたところにこの病気。

新型コロナウイルスではなかったが、喜んでもいられない。

幸い月曜日には熱も平熱に下がり、ひと安心。


我が家のモットー

どんな家庭にもモットーがあるように我が家にもある。

それは「嘘をつかない」。

先日米を炊くため、娘に2合を計量カップで計ってもらった。

そのとき学校から帰ったすぐだったので「手洗いした?」と聞くと、「うん」とうなずいた。

でもそんな時間はなかった感じだったので、もう一度「手洗った?」と聞くと、再び「うん」という返事。

お米をとぎ、炊飯器にセットしたあと、気になったので再度「本当に洗った?」と聞くと、洗面所に走って行ったのだ。

やっぱり手洗いはしていなかった。

そう嘘をついていたのだ。

するとどうだろう、洗面所の扉をロックをし、入って来れない状態にしていた。

そう自分が悪いことをしたと分かっていたのだ。

しばらくすると静かに出てきた。

泣き顔で。

しかし許しがたい行為なので、しっかり話をし、二度と嘘をつかないようグギをさした。